(^^)Dr.buRt-manのよい子の機材講座

CB-3 COOL BOOSTER

Guyatone CB-3 COOL BOOSTER

ブースターっていうのはどういう時に使うエフェクターなんですか。

末松 音をプッシュするエフェクターといったほうがいいでしょうか。曲にメリハリをつけるため、バッキングなどでは歌を邪魔しないよう軽いトーンで音量下げて弾いてあげて、ソロなどでこのエフェクターを踏む事でバッキングトーンを太いリードトーンに変えたり、ヴォリュームとか音圧を上げたりという使い方が多いですね。単体の機能としては、音量を上げず歪みを増やしたり、特定の音域を増幅させたり、ドライブ感をアップさせたり、かなり使える幅が広いエフェクターです。なので、ジャンルに関係なくすべてのジャンルで使えるエフェクターですね。

つまみは3つありますね。

末松 シンプルにレヴェルとトーンとブーストがついています。歪ませたときでもクリーン・トーンでも使い勝手がいいです。実は以前ブースターを探していた時に、楽器屋に試奏に行ってこれを買ったんです。その時色々なブースターを試した中で一番音が太かったのがCB-3だったもので。

弾いた感覚はどうだったんですか?

末松 他メーカーと比べたんですけど、一番これが良かったのは、ONの状態でも全くかかっていないようなセッティングも出来た事ですね。そこをスタートと考えて、あとはブースト量を少しあげたり、音量を少しあげたりと、細かく設定できたのが好印象でした。あと、一緒に行った鍵盤弾きのミュージシャンの友達が「これが一番音太いね」って言ったのも手伝いました。

ソロやオブリでは重宝しそうですね。

末松 そうなんです。普通はリズムギターの設定のまま、ソロの時ヴォリュームを上げてますからね。ゲインを変えたり、アンプのチャンネル変えるとなると、複数台のアンプが必要ですし。そんなときブースターを使えば、バリエーションも広がり、音も太くなってフレーズのニュアンスが出しやすいです。

楽曲にメリハリがつきますね。

末松 色々な音色を使い分けたり、様々なジャンルの音楽を演奏する人には、いまや欠かせないエフェクターになりましたね。

ブースター自体、結構流行っているんですか。

末松 たとえアンプがトランジスタ・アンプでも、ブースターをかけることによってチューブ・アンプを通したかのような音に変わるという事で、かなり流行っているようです。Xoticというメーカーをはじめとして、いろんなところが発売していますね。実はブースター自体そんなに前から開発されていたわけではなくって、昔はあんまり作っているところは無かったんです。こんなに原音を変える事なくブーストできるようになったのは最近なんですよ。しかも、これだけの音質ながらこの価格っていうのは、有り得ないですね。

話を聞く前は、「ブースターって何?」っていう感じでしたが、話を聞いたらかなり重要な機能を持つエフェクターですね。

末松 そうですね。特にライブ活動が多い人は欠かせないですね。あとトーンつまみがすごく効くので、例えば、ローランド・ジャズ・コーラスなんかは、トランジスタアンプの為どうしても音が細いので、トーンを2時くらいにして、少しブーストを効かせてやると丸みを帯びた太い音になってシングルPUでも使える音に変わります。ギタリストとしてはCB-3があるだけで、どんなシチュエーションでも良いトーンを作ってくれるので安心かもしれませんね。
では、CB-3での僕のお気に入りのセッティングを紹介します。

Guyatone CB-3 Arpeggio Sample Setting

クリーントーンでのアルペジオです。後半からONにしてます。音の密度が上がるのを感じてください。ギターはレスポールでフロントPUです。

CB-3 Arpeggio Sample

Guyatone CB-3 Singletone Sample Setting

ロックなフレーズを弾いてみました。これも同じように後半からONにしています。トーンは変わらず音の密度だけ上がるのを感じてください。ギターはレスポール、リアPUです。

CB-3 Singletone Sample

SS-3»